七つの海をひとつに結ぶ船の科学館

七つの海を一つに結ぶ 船の科学館 

コンテンツメニュー
 
施設案内
 
交通案内
 
利用案内
 
出版資料・図書
 
バーチャル博物館
 
体験学習
 
海・船Q&A
 

リーフレットダウンロード


施設案内
ホーム施設案内>宗谷
施設案内
 
南極観測船宗谷
 
"宗谷"は昭和13年耐氷型貨物船として建造され、太平洋戦争を経験。その後は引楊船、灯台補給船となり、昭和31年11月からは日本初の南極観測船として昭和37年4月まで、6次にわたる南極観測に活躍しました。その後昭和53年退役するまで海上保安庁の巡視船として活躍、昭和54年5月から、船の科学館前に係留され永久保存展示されています。
宗谷解剖図
 
トップに戻る


Copyright(c)2003-2006 MUSEUN OF MARITIME SCIENCE All Rights Reserved
日本海事科学財団について リンク集 治療室観測隊員居住区調理室/流し場船長室 通信室 士官居住区 操舵室 士官食堂